お部屋を広く見せるためのコツとは

お部屋を広く見せるのに役立つ生活コーディネート情報サイト

遠近法や色以外のお部屋を広く見せる方法

適切なお部屋の広さは、基本的には世帯人数によって決まるものですが、お部屋の狭さにストレスを感じる場合もあるため、個々人の嗜好も軽視できず、個人の嗜好を加味した上で、お部屋から引っ越さずに、お部屋の広さを求めるなら、遠近法と色を利用して視覚的な錯覚によって、広さを演出するのがセオリーとなるでしょう。

遠近法を使ってお部屋を広く見せるコツ

遠近法は絵画的な技法の一つでありながら、お部屋を広く演出するための手段として用いることも可能な技法であり、家具の高低差を利用したり、お部屋への照明の当て方を工夫したりすることによって、意図的に視覚的な錯覚を引き起こし、お部屋を広く演出することも可能となります。

色を使ったお部屋を広く見せるコツ

視覚的な情報量の多い色を利用することでも、お部屋を広く演出することは可能で、膨張色である暖色と収縮色である寒色、明度に特化した無彩色を組み合わせることによって、お部屋の広さを演出することもでき、遠近法と色を組み合わせれば、一層の効果を期待できるはずです。

狭いお部屋を広く見せる意味と2つのセオリー

お部屋を広く見せるための方法として、家具やインテリアの高低差や設置方法による遠近法の利用や部屋及び家具・インテリアの色の濃淡や明度を使い分ける色の利用は、スタンダートながら有力な手段ですが、お部屋を広く見せる手段が遠近法と色の利用だけしかないのかというと、そのようなことはなく、お部屋の中を移動する際のスペースである動線を意識することも床が見えやすくなる効果が期待できることから、目視できる床のスペース増加による開放感の演出を可能としますし、照明の色合いや当て方の工夫次第でもお部屋を広く見せることができるでしょう。

動線を意識することによる目視できる床のスペース増の効果と証明の色合いや当て方による効果をもう少し具体的に述べると、目視できる床のスペース増加は家具やインテリアのスペースが十分に確保されていることを示し、家具やインテリアが無理なくお部屋に収まっていること自体にお部屋を広く感じさせる効果が期待でき、照明の色合いを白よりも黄や橙寄りのものにしつつ、天井や壁まで照明の光が当たるようにすることにより、天井の高さとお部屋全体の奥行きを演出する効果を期待できます。

これらの方法以外にも、窓回りに家具を置かずカーテンを開放しておいたり、お部屋全体の荷物を減らしたりするなど、お部屋に開放感と奥行きを演出することによって、お部屋全体を広く見せる方法は様々にありますので、予算や手間を加味しつつ、お好みの方法をお探しください。

おすすめリンク

胡蝶蘭の魅力を徹底解説!

胡蝶蘭はどうしてお祝いごとに人気なの?胡蝶蘭の魅力や胡蝶蘭が重宝される理由を徹底解説!