>

お部屋を広く見せるのに役立つ生活コーディネート情報サイト

遠近法や色以外のお部屋を広く見せる方法

狭いお部屋はストレスの原因にも

基本的にお部屋の適切な広さは、個々人の嗜好に大きく左右されるため、狭いお部屋を好む方や単身世帯の方にとって想像しにくいかも知れませんが、お部屋の広さが個人の嗜好にマッチしていなかったり、世帯人数に対して適切な広さを持つお部屋を確保できなかったりすると、強い閉塞感に加え、生活スペースや移動スペースが圧迫されてしまいますし、収納しきれない道具類のスペースのやりくりに悩まされることになることもあり得るでしょう。

季節ごとに生活に必要な道具類が変わることを考えれば、お部屋には適切な広さが求められることになるため、狭いお部屋を広く見せる意味を感じにくいでしょうが、狭いお部屋を広く見せることで閉塞感は緩和されますし、お部屋を広く見せる行為の中には生活スペースや移動スペースを広げるものもあるので、お部屋を広く見せることにも利点があります。

お部屋を広く見せる2つのセオリー

お部屋を広く見せたい場合、スタンダートかつ比較的容易な方法として、遠近法を利用することと、色を利用することが挙げられ、どちらか一方でも効果がありますが、両方を上手く取り入れることができれば、一層お部屋を広く見せることができるかも知れません。

ちなみに遠近法とは絵画的な技法の一種であり、平面に奥行きを表現する技法を指し、お部屋を広く見せるために色を用いる際には色の性質を利用することになりますが、両者ともに視覚に訴える方法で、人間の視覚を錯覚させることによって、お部屋を広く感じさせる傾向が強いことから、閉塞感解消には効果的であるものの、世帯人数のキャパシティオーバーには効果を発揮できない場合もありますので、あらかじめご留意ください。


この記事をシェアする