>

お部屋を広く見せるのに役立つ生活コーディネート情報サイト

色を使ったお部屋を広く見せるコツ

膨張色や収縮色と効果

服飾分野においてはメジャーな話ですが、色の中には膨張色や収縮色と呼ばれる色があり、膨張色を主体とした衣類を着ると大きく見えることから太った印象を与えやすく、収縮色を主体とした衣類を着ると小さく見えることから引き締まった印象を与えやすいというのが一般的な認識でしょうか。

膨張色は赤・橙・黄などの明るい色である暖色、収縮色は青・紺などの暗い色である寒色が当たり、これ以外に暖色寄りの中性色と寒色寄りの中性色に紫や緑がある他、暖色でも寒色でもない無彩色の中性色として白・黒・灰といった色が見られ、膨張色に白、収縮色に黒が当てはまりますが、両者は明度しか待たない無彩色であるため、有彩色に視覚的効果で一歩遅れ、膨張色としての性質が最も強いのは最も明るい黄で、収縮色としての性質が最も強いのは最も暗い青となります。

膨張色と収縮色でお部屋を広く見せよう

家具やインテリアが着色されていないことはまずありませんし、コンセプトごとに色があることを考えれば、お部屋を広く見せるために膨張色や収縮色を利用でき、壁に膨張色に当たる暖色系のものを選び、床を収縮色である寒色系の色にすることで、天井の高さを強調すると共にお部屋に奥行きを出すことが可能でしょう。

また、家具の高低差を利用し遠近法で開放感と奥行きを演出し、お部屋を広く見せる際、膨張色と収縮色を用いれば、遠近法による錯覚と色による錯覚を重ね合わせ、一層、錯覚を強調しやすくなるため、お部屋を広く見せる効果を高めることが期待できるので、膨張色や収縮色といった色の利用は、遠近法と併せて行った方が効果を期待できるはずです。


この記事をシェアする